ダイエットが便秘を招いている

便秘の原因はダイエットにあり

便秘とは、腸内に便が長時間溜まった状態(3日間以上出ない)なので、腸内の細菌に悪影響を与えます。便が餌となり悪玉菌が増殖しますので、発がん性物質や、発がん性促進物質などさまざまな有害物質などを発生させます。便秘が続くとそれらの有害物質は腸壁から吸収されて、血液中をめぐります、そして肌荒れや様々な病気に繋がるそうです。

ダイエットで便秘になる理由

  1. 食事の量を減らしているため
  2. 朝食を抜いている
  3. 食事が野菜に偏っている
  4. 特定の食材だけを食べている
  5. 油を抜きすぎている

1.食事の量を減らしている

便を作るには、ある程度の食事量が必要です。その為に食事量を減らしすぎてしまうと、便を作る食物繊維が不足するので便秘になります。

2.朝食を抜いている

体内時計が狂うと排便リズムが整わず便秘になりやすい。朝食を摂ることで体内時計をリセットできるので食べる習慣をつけてみてください。

3.食事が野菜だけに偏っている

健康的な便通を維持するには、栄養バランスのとれた食事が必要です。ダイエットで肉や魚を極端に減らしたり、特定の野菜ばかり食べていると、食物繊維のバランスが悪くなり便秘のリスクが上がるようです。

逆に肉などのタンパク質だけになるのも、腸内に悪玉菌が増殖しやすいので便秘を引きを超す原因になります。

4.特定の食材だけを食べている

栄養バランスの偏った食事を続けていると、ホメオスタシス(恒常性)といわれる生体が内外部の環境変化に対応し、体内の環境を一定の状態に保つ性質が乱れてしまい、腸の機能が低下して便秘を招くことがあります。様々な食材を選び色々な栄養素を取り入れましょう。

5.油を抜きすぎている

油は便の潤滑油となるので、抜きすぎてしまうと便秘を招きます。加工されていない食材を選び質の良い油を摂るように心掛けてください。

(魚の油、オリーブ油、ナッツ類、卵の黄身など)

まとめ

頑張っているダイエットが逆にダイエットの妨げになることはとても辛いです。日々の食事を今一度見直してみてください。快便の習慣を身に付けて、あなたのダイエットが健康的にスムーズに進みますよう改善のお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です