脂肪燃焼がされる為には

ダイエットをするなら知っておくべき事

皆さんが減らしたいと思っている体脂肪はなぜつくのでしょう?体脂肪は人が古来から生きる上で非常事態(飢餓)に備え予備のエネルギーとして貯蔵しています。その為、食べ物を日常で消費出来ないほど摂っているとエネルギーは体脂肪として蓄積されていくのです。が、溜め込んでしまった脂肪を減らすためは?どのようにすればよいのでしょうか?ぜひ最後までご覧ください。

体脂肪が燃えるまでにはストーリーがある

体脂肪を減らすためには運動したら無くなるなんて単純なものではありません。

体脂肪燃焼には3つの工程がある

体脂肪が燃えるまでには大きくわけて3つの工程があります。《分解》《運搬》《燃焼》です。脂肪燃焼までにこの3つの工程のサイクルが上手く回る事で、脂肪燃焼が進んでいきます。

◆分解

脂肪燃焼させるためにはまずふは脂肪を分解

体脂肪は《脂肪酸》と《グリセロール》という分子が鎖のように繋がって構成されています。脂肪を燃焼させるためには、この2つを分解させなければなりません。

運動や食事制限でエネルギーが不足してくると、体内にある脂肪でエネルギーを作り出そうと、脳が脂肪分解の命令を出します、この時に脳内でアドレナリンなどのホルモンが分泌され、脂肪の代謝に関わる酵素のリパーゼが活性化します。このリパーゼが脂肪を脂肪酸とグリセロールに分解してくれます。

◆運搬

 そして分解された脂肪酸は遊離脂肪酸になり、血液中に運ばれエネルギーとして使われるために《ミトコンドリア》という脂肪の焼却炉に届けます。

この時に遊離脂肪酸の運搬を効率よくしてくれる栄養素があります【L-カルニチン】この成分は牛肉・羊肉・卵などに含まれており積極的に摂ることで脂肪燃焼の効率が上がります。

◆燃焼 

最後に血液から運ばれてきた遊離脂肪酸はミトコンドリアに送り込まれエネルギーとして変換され、全身の筋肉に運ばれます。ここまで来ても筋肉のエネルギーとして使われなければ、エネルギーは余ってしまいます。

余ったエネルギーは燃焼できず脂肪としてまた体内に戻ってしまいます

きっちりと燃焼させるためには、筋肉中のエネルギーを使う運動などで消費することが大切です。

の為には筋トレや有酸素運動のウォーキングなどの運動で、エネルギーを消費する事が必要です

脂肪燃焼は運動して直ぐに行われるわけではありません。3つステップを踏んでようやく脂肪が減っていくです。その為には炭水化物を取り過ぎない、脂肪を多く含む食事は控え野菜や淡白な肉・魚などのを中心にした食事と、習慣になる運動を生活に取り入れ食べた分はエネルギーとして使うサイクルを回すことでダイエット・体型維持や健康は保たれのです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です