日光がダイエットの味方になる

日光を浴びると瘦せる理由

・代謝・睡眠・消化・メンタル この4つはダイエットでも成功を妨げる原因です。これらに問題があるとダイエットの妨げになります。改善するのには日光を浴びることがかなり有効でかなり簡単にできる改善方法です。ダイエットに関わるこの4つと日光の関わりを解説していきます。最後にダイエットを快適に行う為にオススメの方法をご紹介します。

◆代謝

代謝は起床~正午までに一気に上がり日没までキープするというリズムを毎日繰り返すのですが、このリズムをどうやって作っているかというと、『体内時計』と『日の光』この2つです。人は体内時計でほぼ24時間のリズムを刻むことが出来ますが、体内時計だけではあまり精密ではなく、朝に日光を浴びないと『まだ、昼ではない』と体が判断してしまい活動代謝が下がったままになってしまうのです。より正確にリズムを作り活動代謝を上げる為には、日光の力を借りことが重要になります。

→《体内時計と日光の2つで体に活動する時間だと知らせる必要があるのです》

◆睡眠不足

そして”夜に寝付くことが出来ない” または日中でも”常に眠気がある”それらは、体内に日の光が足りていない可能性があります。それはなぜか?人は眠る前に『眠気を誘発するホルモンメラニン』が分泌されて眠たくなるのですが、メラニンは日光などの強い光を浴びることで分泌が抑制されます、朝に日光を浴びないとメラニンがずーと分泌された状態になるので、夜になるにつれてメラニンが枯渇し分泌量が減ってしまうのです。その為に眠気が来なくなるのです。なので夜に適正量のメラニンを分泌される為には朝に日光を浴びる事で、メラニンの量を調節しなければならないのです。

→《朝に日光を浴びメラニンを抑制してをく必要があるのです》。

👇睡眠と肥満の関係性を詳しくチェック👇

睡眠不足と肥満の関係性

消化

消化は自律神経という脳とは別に指令を出す神経があり、その自律神経が内臓や胃腸の働きをコントロールして消化を促しています。消化が活発に行われることで、ダイエットに必要な栄養素がしっかりと吸収され基礎代謝が上がりやすくなり脂肪燃焼しやすい体になります。

◆メンタル

現代はストレスを感じることが多く、ストレスから食欲が増したり、我慢できなかったりします。また鬱っぽくなりやる気が出なくなったり疲れが取れないなどの不調に繋がります。ストレスから消化機能の低下や排泄機能の低下便秘)などにも繋がります。ダイエットの妨げにもなります。

👇ダイエットとストレスの関係性を詳しくチェック👇

瘦せないのはストレスが関係する

オススメの対策

オススメは、一日の始まりにまずは朝起きたらカーテンを空けて朝日を浴びましょう。朝一番に日光を浴びる事で、一日の体内リズムが整います。そして通勤で歩いたり、休みの日は午前中に日光を浴びながらウォーキングをするなど、なるべく朝日を浴びるようにしましょう。午後まで部屋に引きこもらず、少しだけでも光を浴びる習慣をつけられれば上記の4つが改善され、身体も整い痩せやすい体になり、ダイエットの進行がはかどりますよ。

まとめ

日光を浴びることでこれだけのメリット・デメリットがあるのです。頑張るダイエットだけではなく、日頃の生活習慣の中でも太りやすい体質を改善する方法はありますので、今一度生活環境や生活リズムを見直してみるのもよいですね。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です